お金を節約できる5つの基本的な在庫管理のヒント

はじめに

一貫した成長を求める中小企業にとっては、あらゆるドルが重要です。ビジネスの成功または失敗は、製品やサービスの品質を損なうことなく、コスト削減の手法を見つける能力に要約されます。固定費と変動費を削減する能力は、この目標を達成するのに大いに役立ちます。これは、在庫管理が重要な役割を果たす場所です。

在庫管理は、
効率的かつ効果的に機能するために、企業のサプライチェーンを監視、追跡、および維持するプロセスです。
在庫管理の基本的な手順には、在庫の購入、在庫の保管、および在庫からの利益が含まれます。
今日の激しい、非常に競争の激しい世界では、在庫は企業がよりよく組織化するのに役立ちます。

しかし、企業は在庫管理が不十分なためにお金を失うことがよくあります。手元にある最高のマーケティング戦略、品質管理された原材料、高品質の完成品、手頃な料金があっても、基本的な在庫管理システムに欠陥がある場合、企業は十分な利益を上げることができません。したがって、企業は在庫管理が効率的であることを保証するために適切な措置を講じる必要があります。この記事では、最も重要な5つを挙げています。

自分が持っているものを知る

在庫管理は、成功する小売ビジネスのバックボーンです。在庫管理システムは、在庫と在庫がビジネスの内外に移動する際のライフサイクルを追跡します。手持ちの在庫量がわからない場合、購入と販売に関して賢明な意思決定を行うことは不可能になります。

1つは、在庫量が最小限であるか、まったく可視化されていないため、製品を正確にリストすることはできません。その在庫をeコマースや実店舗などのさまざまなチャネルに割り当てることは困難になります。さらに悪いことに、在庫が多すぎたり、まったく間違った製品に行き詰まったりする可能性もあります。

在庫管理の専門家は、在庫を分類する最善の方法は、在庫をA、B、Cの3つのグループに分けることだと長い間主張してきました。Aグループの品目は、必要量が少ない高額品目です。Cカテゴリの品目は、低コストで回転率の高い品目です。Bグループは、Cアイテムよりもゆっくりと移動するが、Aアイテムよりも速く移動する手頃な価格のアイテムの中間にあるものです。

基本的な在庫管理は困難で時間がかかる場合があります。

基本的な在庫管理に関しては、考慮すべきさまざまな側面があります。

注文管理の効率化に取り組む

中小企業の場合、注文管理は通常簡単です。ただし、大規模企業では通常、販売後の効率的な配送と顧客サービスを確保するために、追加のサポート層が必要です。

規模が拡大する企業にとって、注文が増えると混乱が増える可能性があります。オンラインショッピングが増加している時代には、売上の増加と在庫管理の改善に対する絶え間ない需要があります。企業は、注文管理プロセスを最適化するために、配送の合理化、顧客サービスの評価、ボトルネックやヒューマンエラーの削減など、重要な領域に注意を払う必要があります。

たとえば、エコノミック注文数量(EOQ)メソッドは、注文管理の効率を高めるのに効果的です。EOQは、在庫の注文と運搬の総利益を最大化するために、一度に注文される在庫量です。経済注文数量計算式は、在庫の注文と保管のコストを考慮し、両方のコストが最も低い注文数量を特定します。

注文管理を最適化するもう 1 つの方法は、リードタイムを短縮するための戦略を検討することです。リードタイムとは、製品を補充するために発注書が出されてから、倉庫で注文が受領されるまでの時間を指します。在庫チェーンに関与するサプライヤーが増えると、リードタイムが長くなります。

株価記録を作る

make stock records 1652432913 2436

多くの企業は定期的に在庫を数えています。年に1回在庫をカウントする企業もあれば、毎月または毎週在庫をカウントする企業もあれば、3つすべてを行う企業もあります。数える頻度に関係なく、在庫を財務記録に反映されているものと物理的に一致させてください。

在庫記録は、在庫システムに影響を与えている可能性のある問題についての洞察を提供します。所有している在庫の種類を明確に把握し、効率的に管理するのに役立ちます。信頼できないサプライヤーがいると、在庫が損なわれる可能性があります。在庫記録は、サードパーティのベンダーまたはサプライヤーが期待どおりに納品していないかどうかを識別するのに役立ちます。サプライヤーが習慣的に配達に遅れをとったり、頻繁に短い出荷をしたりする場合は、対策を講じる必要があるかもしれません。このようなシナリオでは、不確実な在庫レベルの結果として、サプライヤーを変更したり、在庫不足に対処したりする必要があります。

効率的な在庫記録は、製品を迅速かつ健全な利益率で販売するのにも役立ちます。これにより、店舗または倉庫に最初にヒットするアイテムが最初に販売されることが保証されます。先入れ先出し(FIFO)は、古いが効果的な倉庫管理の経験則です。しかし、それでは、最新の在庫を最初に売ってみませんか?時々、古い株の品質は信頼できません。時々、特定のものも時代遅れになります。長く座っているほど、時代遅れになり、ほつれる可能性が高くなります。それはあなたにたくさんのデッドストックを残すかもしれません。古い在庫を効率的に出荷するには、到着順に倉庫にアイテムを配置することを目指します。古いアイテムは前面に、比較的新しいアイテムは後ろに配置されます。

予知保全をセットアップする

予知保全を組織全体に適用すれば、組織の効率を高め、予期しない故障を防ぐことができます。しかし、多くの企業はまだプロセスを最適化するためにデータ分析結果を相互参照していません。在庫管理の重要性は誇張できません。

企業が在庫、注文、および注文処理に関連するすべてのプロセスを管理、監視、最適化、および適応させるためには、経営陣はデータを随時分析する必要があります。これにより、注文を迅速に処理し、顧客に配達の最新情報をタイムリーに提供できます。これにより、彼らは長期的にあなたのビジネスに忠実であり続けることができます。

たとえば、注文管理ソフトウェアや輸送管理システムは、タイムリーな配送を保証できます。唯一の問題は、システムが正確に機能するためには、まず他の物流プロセスに関する正確なデータをシステムに供給する必要があるということです。Zip Ordering、Zoho Inventory、QuickBooksなど、ビジネスのすべてのサプライチェーン情報を統合および統合し、在庫に関する明確な洞察を提供できるように提示するソリューションがあります。管理、場所、フルフィルメントプロセス、および顧客。これにより、企業は適切なタイミングで適切な是正措置を講じることができます。

基本的な在庫管理は困難で時間がかかる場合があります。

基本的な在庫管理に関しては、考慮すべきさまざまな側面があります。

テクノロジーを活用

企業が今日の市場で成功するためには、新しいテクノロジーに適応して移行する能力が不可欠です。自動化により、企業は効率を高め、変化する市場状況に適応し、持続可能なシステムを導入することができます。

優れた在庫ソフトウェアを使用すると、在庫レベルを効率的に管理し、販売された商品のコストを計算し、在庫を追跡することができます。効率的な在庫管理ソフトウェアを使用して、原材料、完成品、在庫回転率をリアルタイムで更新できます。

ソフトウェアソリューションを選択する前に、ビジネスに必要なものを必ず理解してください。ビジネスにとって重要な分析を提供するソフトウェアを選択してください。使いやすく、他の管理ソフトウェアとうまく統合できることを確認してください。

ただし、在庫管理ソフトウェアだけでなく、他の種類のテクノロジーでも在庫を管理できることを知っておいてください。たとえば、POSシステムは在庫の追跡と計画に役立ちます。ただし、在庫管理ソフトウェアとPOSシステムの両方に熱心な場合は、これらのテクノロジーが互いに互換性があることを確認してください。

適切なシステムは、永続的な在庫管理を常に把握するのにも役立ちます。永久在庫システムは、コンピューター化されたPOSシステムを使用して、在庫の売買を即座に記録します。この方法では、トランザクションを物理的にカウントして記録する必要がなくなり、リアルタイムのデータ分析が可能になります。

手動カウントに関連する人件費を削減することでコストを節約し、企業は在庫品目を物理的に再カウントすることなく、需要や供給の変化に簡単に適応できます。

テクノロジーには次の3つの利点があります
。1.特に記録保持とコミュニケーションが重要な分野で、ヒューマンエラーによって発生した問題を解決します。
2。紙の記録に内在するリスクと不正確さを排除します。
3。業界固有の在庫管理ソフトウェアなどのカスタマイズされたソフトウェアアプリケーションは、ビジネス固有のプロセスを自動化し、効率を高めることができます。たとえば、レストラン管理ソフトウェアツールであるZip Inventoryは、食品事業の合理化に役立ちます。

結論

ほとんどの企業が直面する共通の課題は、在庫が多すぎて購入者が足りないことです。ただし、その逆の場合もあります注文を履行するのに十分な在庫がありません。また、企業は在庫にある品目や保管場所を知らない場合もあります。これは、過剰な循環棚卸し、過剰な在庫、破損した商品、非効率的な管理と品質の希薄化による在庫の損失により、ビジネス時間と費用がかかる可能性があります。

非効率的な在庫管理は、在庫の動きに対する把握が不十分な企業に起因します。これは、在庫追跡が遅れている場合や、古いスプレッドシートを使用して在庫を追跡している場合に発生します。最高の状態では、不十分な在庫管理は大きな損失につながる可能性があります。最悪の場合、ビジネスが失敗する可能性があります。

いくつかの簡単な在庫管理手順に従うことで、お金を節約し、利益を増やすことができます。これらのステップには、注文管理プロセスの最新化、在庫管理の最良の方法の利用、在庫浪費のリスクの軽減、テクノロジーの活用が含まれます。

特に大量の在庫を管理する必要がある場合、在庫の管理は難しい場合があります。

在庫管理にはさまざまな方法がありますが、あなたのビジネスに最適な方法はどれですか?

必読のコンテンツ

よく寄せられる質問

LIFO、FIFO、平均コスト、および加重平均 LIFOとFIFOの違いは何ですか? LIFO-ラストイン、ファーストアウト FIFO-先入れ先出し 平均コストと加重平均の違いは何ですか? 加重平均- 平均原価-商品の平均原価は、在庫の単位原価に在庫内の単位数を掛けて計算されます。
ビジネスの在庫を処理する主な方法は3つあります。ニーズや状況によっては、これらのテクニックのいずれかが他のテクニックよりも優れている場合があります。それぞれの技術が提供するものと、あなたのビジネスにとって最良の選択であるかもしれないものを見てみましょう。
在庫の追跡は、どのビジネスにとっても大きな頭痛の種になる可能性があります。中小企業にとって、これは非効率性と貴重な時間の浪費につながる可能性があります。しかし、在庫管理は単なる数字ゲームではありません。また、プロセスを合理化し、コストを削減し、生産性を高める機会でもあります。 あなたが中小企業を経営しているなら、おそらく在庫を最適に管理する方法を考えたことがあるでしょう。この質問に答える最良の方法は、ビジネスの規模と在庫管理のニーズによって異なります。利用可能なさまざまな方法と、どれがあなたのビジネスに適しているかについてもっと学ぶために読んでください。