「ビジネスの成長」とはどういう意味ですか?

ビジネスの成長って何ですか?

多くの専門家が公式の説明に反対しているため、ビジネスの成長を定義することは困難です。ビジネスの成長について一般的に利用されている定義の1つは、収益性と市場シェアの存在が企業体験を向上させることです。

ビジネスの成長の別の定義は、1つまたは複数の方法で発生する会社の拡大です。マーケティング戦略からビジネスモデルの更新まで、ビジネスが成長する機会は事実上無限にあります。

ビジネスで発生している何かがビジネスの成長と定義できるかどうかの重要な考慮事項は、その発生を測定できるかどうかです。何かが測定できない場合、それが成長していると判断することは不可能ではないにしても困難です。

ビジネスの売上と成功の成長は、会社を立ち上げる多くの人々の主要な動機です。しかし、大多数がそうである一方で、すべての企業が販売とビジネスの成功を最優先事項と見なしているわけではありません。

一部の企業は、従業員または顧客が最優先事項であることを確実にしたいと考えています。これらの企業にとって、成長戦略は、全体的な顧客体験と従業員体験の両方により重点を置いている可能性があります。

成長を促進するために、ビジネス戦略、計画、および目標は、互いに一致し、補完し合うものでなければなりません。実際、事業成長戦略は、初期の事業計画策定から製品ラインの改善に至るまで、すべてを通じて検討する必要があります。

成長と成長主導型のビジネス

ビジネスの成長源を特定したり、成長戦略の有効性を測定したりすることは困難な場合があります。多くの専門家にとって、成長主導型のビジネスと成長するビジネスの違いを分析することは役に立ちます。

成長するビジネスは主に迅速な結果に焦点を当てていますが、成長主導型のビジネスは長期的で持続可能なビジネスの成長に焦点を当てています。成長主導型ビジネスと成長主導型ビジネスの違いをよりよく理解するための5つの重要な考慮事項は次のとおりです。

1。マーケティングと営業の関係

1 marketing and sales relationship 1609974842 8217

営業部門とマーケティング部門の関係は緊張し、誤解に満ちている可能性があります。部門間のこの非互換性は、組織全体の大きな成長問題につながる可能性があります。成長ビジネスは、これらの部門が互いに抱く可能性のある誤解に挑戦するために具体的な努力をします。

マーケティング部門の担当者が営業部門に関して抱く一般的な誤解は、営業担当者はマーケティング資料の説得力を理解していないということです。一方、フルタイムの営業専門家の 80% は、マーケティングの専門家は実際の販売戦略を理解していないと表明しています。

マーケティング戦略と販売戦略の両立は、ビジネス成長戦略を長期的に開発および維持するために不可欠です。企業は、 2つの部門が協力して達成するために取り組む成長目標を持っていることを確認する必要があります。

2。カスタマージャーニー

すべての企業は、確立された顧客基盤が長期的なビジネスの成功と収益性にとって重要であることを理解しています。顧客ベースの優先順位に関して、成長するビジネスと成長主導のビジネスの間には大きな違いがあります。

成長するビジネスは、主に新しい顧客と新しい市場を迅速に獲得することに重点を置いています。また、成長主導型のビジネスは、長期的な顧客基盤の維持に重点を置いています。

成長主導型のビジネスの成長目標に基づく焦点は、新規顧客の長期的維持につながります。また、成長するビジネスは、一時的に多数の新規顧客を誇っているが、それらの新規顧客を長期的に維持できない場合があります。

成長主導型の企業は、最初の認知度からブランドアンバサダーの段階まで、カスタマージャーニーのあらゆる段階で目的を持っています。これらの成長主導型企業は、ビジネスの成功は長期的な顧客維持に大きく依存していることを理解しています。

3。ブランド開発

3 brand development 1609974842 2114

中小企業と大企業の両方にとって、成長主導型ビジネスの明確な指標は、ブランドと顧客体験の両立性です。確立されたブランドとビジネスの評判は、常に企業の顧客サービス能力に反映されるべきです。

ブランドを定義するには、企業が持つビジネスモデルと成長目標の両方を包括的に理解する必要があります。実際、企業独自のブランドは、顧客サービスのやり取りからソーシャルメディアの存在感まで、あらゆる点で考慮されるべきです。

4。マーケットフォーカス

成長するビジネスと成長主導型のビジネスは、新しい顧客と新しい市場に関して異なる焦点を持っています。成長するビジネスは、新しい顧客を獲得する意欲に容赦なく見えるかもしれません。これらの取り組みの焦点と動機は、顧客体験のためではなく、利益を生み出すことです。

成長主導型の企業は、新規顧客と長期顧客の両方に対する顧客サービスに情熱を注いでいます。成長主導型の企業は、参入前に新しい市場を確実に理解し、市場の変化が起こる前にそれを予測することさえします。

成長主導型の企業にとって、ビジネスの成功は、優れた製品ラインだけでなく、あらゆる段階で普遍的に優れた顧客サービスを顧客に提供するように見えることがよくあります。

5。技術的投資

成長主導型の企業は、技術の進歩に関して、並外れたビジネス戦略と長期的な事業計画を立てています。成長主導型の企業は、危機が変化するのを待つのではなく、将来がもたらす可能性のあるあらゆる変化に十分に備えることができます。

成長するビジネスは、資本不足または偏った成長目標の追求のために、これと同じ積極的な技術投資を達成できない場合があります。たとえば、成長する中小企業や新規事業による販売またはマーケティング戦略への過度の集中は、迫り来る市場危機に対処するために利用できる資本が不足する可能性があります。

ビジネスの成長の重要性

the importance of business growth 1609974842 7012

すべての企業は、ビジネスの成功と収益性のための成長の重要性を理解する必要があります。すべての専門家が知っておくべきビジネスにとって成長が重要である理由は他にもたくさんあります。

潜在的に成長が重要である最も広く認識されている理由は、結果として企業が経験する収益性の向上です。より多くの販売用品を会社に追加のリソースにすることで得られる収益性の向上。

成長が重要であるもう一つの顕著な理由は、それがより多くの従業員をオンボーディングする能力を提供することです。適切な従業員数をスタッフに維持することは、顧客サービス能力から製品ラインの改善まで、あらゆることを支援します。

さらに、従業員の定着率は、特に成長目標と従業員の目標が一致する場合、成長期に上昇する可能性があります。スタッフの従業員が増えると、成長目標を追加したり、新しい機会を探求したりすることができます。

成長により、他の方法では達成できなかったかもしれない新しい機会をビジネスが活用できるようになります。たとえば、中小企業は、ビジネスの成長中に獲得した追加の資本と人的資源を使用して、新しい市場にうまく参入する可能性があります。

企業が提供する製品ラインまたはサービスは、ビジネスの成長の直接的な結果として拡大される可能性があります。製品ラインとサービスの拡大は、事業利益の増加に役立つだけでなく、競争力も提供します。

企業が競争力を確保すれば、より大きな市場シェアを獲得することがはるかに容易になります。市場シェアの割合が高まるにつれ、保証されていないとしても、継続的な顧客基盤の拡大が見込まれます。

競争力の獲得と維持は、継続的なイノベーションにかかっています。そのため、中小企業と大企業の両方が、一貫して成長の機会を探す必要があります。

堅実なブランドの発展と優れた顧客サービスの評判は、時間の経過とともにさらに多くの新規顧客を引き付けるでしょう。そうすれば、ブランドの評判と顧客サービス体験の両立性により、企業が新規顧客を長期的に維持する可能性が高まります。

ビジネス成長の4つのタイプ

企業を成長主導型のビジネスまたは成長するビジネスとして分類するだけでなく、企業はさらに4つの異なる方法で成長を経験します。ビジネスが経験できる4つの主要な成長タイプには、戦略的、内部的、有機的、そして最後のパートナーシップ、買収、または合併の成長が含まれます。

これら4つのタイプの成長のそれぞれについてさらに学ぶことは、ビジネス戦略の取り組みをより成功させ、組織化するのに役立ちます。

1。オーガニック

有機的成長は、一般的にビジネスの成長のための最も簡単な方法と考えられています。ありがたいことに、最も効果的な方法としても広く認識されています。

有機的な成長は、生産された新製品から新しいビジネスの店頭のオープンに至るまで、目に見える目に見える企業の成長で構成されています。より多くの製品やサービスが提供され、売上が増加するにつれて、有機的な成長は顧客にサービスを提供するためにより多くの物理的なスペースを必要とすることがよくあります。

新規事業や、十分な在庫がないまま新規市場に参入する中小企業にとって、有機的成長は優れた戦略選択です。ただし、有機的成長戦略は長期的には持続可能ではないことに注意する必要があります。

2。戦略的

2 strategic 1609974842 2536

有機的成長とは異なり、戦略的成長はより長期的な焦点を持っています。戦略的成長方法は、有機的成長段階の完了時に最適な選択肢です。

戦略的成長段階に入る前に有機的成長段階を終えることが重要である理由の1つは、必要な資源によるものです。理想的には、有機的成長段階は、企業が長期的な成長目標に投資するのに十分な量の資本を生み出しているでしょう。

事業計画のイニシアチブは、常に戦略的成長を考慮に入れる必要があります。戦略的成長戦略の例としては、製品ラインの新製品のリリースから、特定の新規市場オーディエンスをターゲットにしたマーケティング戦略の更新まで多岐にわたります。

3。内部

内部成長の主な目的は、利用可能な資源を活用し、最適化することです。このため、内部成長は生産に外向きではないため、戦略的かつ有機的な成長とは大きく異なります。

内部成長は、大規模な金融投資を必要とせずにリソースの使用を最適化する能力があるため、有機的戦略と戦略的戦略の間で利用されることがよくあります。内部成長は、拡大した生産や事業開発に投資する代わりに、資源をより意図的に使用することを目指しています。

内部成長の例としては、よりスリムなビジネス戦略やリソース最適化のためのビジネスモデルの変更などがあります。社内の成長は当初、チームメンバーにとって威圧的に見えるかもしれませんが、利用可能なリソースを最適に使用できるように努力する価値は十分にあります。

4。パートナーシップ、買収、または合併

4 partnership acquisition or merger 1609974842 1557

多くの企業は、成長戦略として合併、買収、またはパートナーシップを選択する可能性があります。パートナーシップ、合併、または買収は、一般的に最もリスクの高い成長戦略タイプと見なされますが、報酬の可能性が最も高い戦略でもあります。

この戦略は、既存の顧客基盤を拡大しながら、新しい市場への参入を容易にすることができます。さらに、生産能力の拡大により、新製品の作成と導入をよりスムーズに進めることができます。

買収、パートナーシップ、または合併を実行するもう1つの注目すべき利点は、ビジネスの革新を支援し、共同作業を通じてビジネスの成功の可能性を高める可能性です。

事業成長のための4つの主な戦略

すべてのビジネスが実施を検討すべき4つの主要な成長戦略があります。これらの戦略には、製品開発、市場開発、多様化、市場浸透が含まれます。

これらの成長戦略を適切に使用することで、長期的なビジネスの成功と収益性の向上につながります。4つの戦略は、次のタイプで構成されています。

1。製品開発

製品開発中、既存の市場向けに新製品が生み出されます。製品開発の成長戦略の大きな利点は、新しい市場確立の必要性の代わりに既存のクライアントを利用できることです。

製品開発の例としては、カードゲームを含むように拡大する玩具製品ラインがあります。

2。市場開発

製品開発とは対照的に、市場開発は新しい市場にサービスまたは製品を導入します。市場開発は、地理的にも、新しい市場目標に基づいて行うこともできます。

市場の発展の一例として、玩具会社が別の国に新しい事業所を開設する場合が挙げられます。

3。多様化

3 diversification 1609974842 9286

多様化は、新しい製品が新しい市場に導入されるときに発生します。多様化成長戦略は高いリスクを伴いますが、高い報酬の可能性も伴います。

多様化の例としては、産業顧客に直接販売する機械部品を製造する玩具会社が挙げられます。

4。市場浸透

市場浸透の目的は、すでに存在する製品やサービスを活用して市場シェアを増やすことです。市場浸透の方法は、価格割引からマーケティング戦略投資の増加まで多岐にわたります。

市場浸透の一例として、ベストセラー商品の価格を下げる玩具会社が挙げられます。

ビジネス成長計画の書き方

ビジネス成長計画は、企業が近い将来にビジネスの成功を予測するために作成する短期的なロードマップです。事業成長計画には、事業戦略とモデルの両方を組み込む必要があります。

各四半期の終わりは、どの成長目標が達成され、どの成長目標がまだ注目されているかを企業が評価する絶好の機会です。成長計画は、多くの場合、投資家に提供されることを理解して作成されるため、収益に重点を置いています。

多くの専門家は、成長計画を書くことは事業計画の構成に似ていると指摘しています。成長計画で提供される情報には、

以下を含める必要があります。拡大と成長の機会
2.財政成長目標
3.マーケティング戦略の詳細
4.財政戦略の概要
5.従業員のスケジュール要件

結論

conclusion 1609974843 6161

  • ビジネスの成長は、収益性とビジネスの成功にとって非常に重要です。
  • ビジネスの成長と成長主導型のビジネスの間には、すべてのビジネスが認識すべき重要な違いがあります。
  • ビジネスの成長には、有機的、戦略的、社内、最終買収、合併、パートナーシップの4種類があります。
  • 4つの戦略には、製品開発、市場開発、多様化、市場浸透が含まれます。

デモのスケジュール