ビジネス・インテリジェンスを

the importance of data gathering to improve business intelligence

データ主導の世界では、企業は顧客の詳細を学び、収益を改善し、販売とマーケティングの手法を再考する機会を提供してきました。

機能的な BI 収集ツールを使用して、さまざまなデータソースからさまざまな種類の情報を管理することは、ビジネス戦略を成功させるために不可欠な要素です。

どのデータを収集し、分析を実施して ビジネスプロセス に関するさらなるインサイトを開発する方法を理解することは、時間がかかり、細心の注意が必要です。しかし、収集した情報を活用することは、競争力を獲得し、ビジネス・インテリジェンスを向上させたい人にとって不可欠です。

データ収集とは

what is data gathering 1604342876 1738

データ収集は、直接観察を行い、オープンエンドの質問に答えるために情報を収集する広範なプロセスです。

企業は、データ収集を使用して、特定の問題やワークフロープロセスに関するリアルタイムの洞察を得ることができます。データ収集と分析を通じて実施された調査により、ステークホルダーは、より十分な情報に基づいた意思決定を行い、会社の全体的なパフォーマンスを向上させることができます。

データ収集と分析に着手する前に、次のことを知っておくことが不可欠です。

  • 収集したデータをどのように使用する予定ですか?
  • どのような種類の情報が収集されますか?(定量的データと定性
  • 的データ)どのようなデータ収集方法を採用しますか?
チームはまた、ビジネスのさまざまな分野に関する研究の質問に答えるために最も有用である データソース を研究する必要があります。組織は、

  • Webサイト(複数可)
  • POSシステム
  • インタビューフォーカスグループ
  • ケーススタディ
  • トランザクション履歴
  • インタビュー質問
  • コンテストや景品
  • オンラインアンケート/アンケート
  • オンラインユーザープロファイル情報
  • オンライン請願
  • モバイルアプリ
  • イベントサインアップ情報
  • ソーシャルメディアアクティビティ
ビジネスインテリジェンスは、分析目的で使用するデータを収集することから始まります。品質収集技術を使用して関連性の高い正確なデータを収集しないと、BI ツールは、非効率性を修正し、パフォーマンスを向上させるために必要な適切な洞察をユーザーに提供できません。


さらに、データ収集だけでは不十分です。企業には、調査データを選別して、気づかれないパターンを見つけるためにアナリストが必要です。ビジネス・インテリジェンスでは、収集プロセスと分析が密接に機能し、財務上の問題や運用上の問題に対処します。

the importance of data management 1604342876 3790

データ管理データ収集の重要性は、企業がさまざまなワークフローに関する重要な詳細を保存および分析し、意思決定プロセスを改善する方法です。プライマリ・データ収集の最も重要なメリットは、

1.より良いビジネス意思決定を行う能力重要なビジネス上の意思決定を行う
ために利害関係者を説得するための証拠としてハードデータを保有することは、大きな利点です。中小企業も大企業もデータを収集できます。

  • 新しいクライアントを検索
  • する顧客の
  • 保持率を向上させる
  • 顧客サービスを強化
  • する
  • マーケティングと広告の意思決定を合理化する
  • ソーシャルメディアプラットフォーム上のインタラクションを通じて情報を収集
  • する
  • 予測を使用する売上傾向を予測する分析
要約すると、効果的なデータ収集方法は、企業が収益を改善し、利益を増やす証拠に基づいた意思決定を行うのに役立ちます。

2.複雑な問題の解決
データ収集は、非効率性や問題領域を特定し、ミスがどこで発生したのか、将来的にどのように改善すべきかを判断するのに役立ちます。

時間の経過とともに、ビジネスオーナーはデータ分析を使用して、これらのボトルネックの原因をさらに掘り下げて、利益を増やし、販売およびマーケティング戦略を改善することができます。

3.パフォーマンスの包括的なビューを得る
結果を追跡する方法がないと、企業の投資と努力が価値があるかどうかを知ることは困難です。

ビジネス所有者は、 パフォーマンスを評価する特定の主要業績評価指標 または定量化可能な測定値を選択できます。データ収集ツールは、収集したデータと分析を行い、各部門が目標と目標をどの程度満たしているかを追跡できます。

その後、経営陣は、ワークフロー・プロセスを調整したり、支出を削減/増やしたり、新しいマーケティング戦術を採用して各部門の業績を向上させることができます。

4.ビジネス・プロセスの向上
データ収集により、さまざまな部門やフランチャイズの場所にわたるビジネス・プロセスの理解を深めることができます。

リソースを誤用すると時間が浪費され、収益に影響するため、非効率性を減らし、可能な限り廃棄物を削減することが不可欠です。データ収集を通じて各ビジネス・プロセスをより正確に把握することで、必要な改善に必要な答えが得られます。

オーナーは、データ収集技術を使用して、マーケティング戦略と販売戦略を再検討し、調整することで、より多くの潜在顧客にリーチできます。データは、過去に戦略が失敗した部分と、将来的により多くの人々にアプローチできるようにどのように調整できるかを示すために必要な証拠を提供します。

5.顧客の行動を理解 する
オーナーは、定性的データ収集と定量的データ収集の両方を使用して、顧客の詳細を確認し、会社が提供するサービス/製品を購入するかどうか判断できます。

定性的研究は、最初の手の観察とインタビューを通じて得られたデータに依存し、定量的データ研究は、統計的およびエビデンスに基づく情報に依存している。

経営陣は、定性的データ収集方法と定量的方法を使用して、マーケティング活動が効果的かどうか、または顧客が購入に満足しているかどうかを確認できます。

たとえば、顧客調査データ (定性的な方法) では、顧客が購入したサービスへの最近のアップグレードに不満を示している可能性があります。

その後、アナリストは、そのサービスの財務データ(定量的調査)を調べて、販売がアップグレードによって影響を受けるかどうかを確認できます。そうであれば、リーダーシップ・チームは協力して、アップグレードによって引き起こされる問題を解決し、現在の顧客に対応し、新しい顧客に連絡することができます。

論結論として、ここでは データ収集 について覚えておくべき重要なテイクアウトがあります。

  • データ収集は、さまざまなソースから情報を収集するためのツールを利用することを含む複雑なプロセスです。
  • データ収集は、ビジネス・プロセスの非効率性と成功について詳しく知るために利用され、ステークホルダーがより良い意思決定を行うことができます。
  • 組織は、Web サイト、ソーシャルメディア、POS システム、アンケート、請願、アプリ、財務記録などを通じてデータを収集できます。
  • データ管理により、企業はより良い意思決定、複雑な問題の解決、パフォーマンスの包括的な視点の獲得、ワークフロープロセスの改善、顧客行動の把握が可能になります。