運用上の意思決定を改善するためのヒント適切な運用上の意思決定

tips to improve operational decision making

運用上の意思決定とは何ですか?

業務上の意思決定 は、収益性と寿命に大きな影響を及ぼす中心的なビジネスプロセスです。適切な意思決定プロセスは、各意思決定のリスクと潜在的な利益の両方を評価します。

運用上の決定構造 には、3 つのステップが含まれます
。1.データ入力
2決定論理
3.判断や行動

すべてのビジネスは、関係なく、業界のタイプの、必ずしも定期的に決定する必要があります。多くの企業では、毎日何百もの運用上の意思決定を行わなければなりません。一部の企業では、日々の業務に影響を与える何百万もの行動があると推定されています。

幸いなことに、運用上の意思決定は、一般的に反復的かつ日常的であるため、意思決定プロセスを再利用することができます。これらのシンプルで日常的な決定は、通常、自動化が非常に簡単で、必要な注意と検討の量がさらに減少します。

業務上の決定は、社内承認要求から顧客ロイヤルティプログラムの策定まで多岐にわたります。日常業務におけるさまざまな意思決定のために、戦略的な意思決定を取り巻くビジネスルールの中央セットを確立することは、非常に有益です。

各決定は、それがビジネス運営全体にどのように影響するかを十分に考慮して行う必要があります。それは互いに別として決定を考えるのは魅力的ですが、間違って行われた決定は、大規模な包括的な結果を持つことができます。

不適切な運用上の意思決定の結果は、顧客維持率の低下からコストのかかるコンプライアンス違反まで多岐にわたります。言い換えれば、意思決定が戦略的で標準化されていない場合、ビジネスの評判と利益の両方が直接行っています。

顧客がビジネスで理想的なエクスペリエンスを提供していない場合、彼らは戻ることはほとんどありません。ビジネスプロフェッショナルは、新しい顧客維持のコストがかかり、不満を抱いた顧客がオンラインレビューでどれだけ風評や財政的損害を生み出せるかを知っています。

収益は、不十分な意思決定やコンプライアンス違反の結果に対処するために 会社の資金を割り当てる必要がない場合に増加します。違反によって高額な罰金、さらには事業閉鎖につながる可能性があることを考慮すると、コンプライアンスに関する決定は特に重要です。

運用上の意思決定のヒント

は、理想的な運用上の意思決定プロセスを確立し、維持するために考慮すべき多くのベストプラクティスのヒントがあります。ベストプラクティスのヒントの 1 つは、意思決定を自動化するための人工知能 (AI) の実装と使用です。

テクノロジーは、人間のバイアスを減少させ、透明性を高めるAIの意思決定能力を企業に提供します。人間の感情に影響される意思決定ではなく、AIの決定は厳密にデータに基づいています。

意思決定を文書化し、管理することは、手動プロセスに比べてAIテクノロジーの方がはるかに簡単です。このAI技術は人件費を削減するだけでなく、コンプライアンスを向上させます。

ソフトウェアが、決定がなされた理由と、どのようなプロトコルやプロセスが関与したかを明確に示せると、コンプライアンスが向上します。リスク低減は、ビジネスオーナーに安心を提供するだけでなく、ビジネスコンプライアンス違反に伴うコストを削減します。

一貫性とコミュニケーションは、ビジネスの意思決定の効果に大きく影響します。標準化されたルールの確立と維持は、肯定的な結果の可能性を高めます。

ビジネスルールは、明確かつ一貫性のあるスタッフに伝達する必要があります。追加のベストプラクティスのヒントは、簡単に参照できるように従業員ハンドブック内にルールのコピーを作成することです。

ビジネスルールに関する経営陣の決定は、スタッフ全員がそれに伴うものを理解している場合にのみ有効です。企業が行う一般的な間違いは、会社全体ではなく、特定のスタッフにルールを伝えるだけです。

チームメンバーが同じルールやプロセスに従っていない場合、誤解やエラーは避けられません。従業員間のコミュニケーションが誤ると、職場の競合が発生し、企業文化と職場環境の両方に悪影響を及ぼします。

意思決定プロセスの標準化は、誤解やミスの可能性を低減します。チームメンバーが同じルールとプロセスに従っていると、生産性と収益性が大幅に向上します。

結論

conclusion 1603744923 6458

  • 運用上の意思決定は、ビジネスの生産性と収益性の両方に影響を与えます。すべてのビジネスは、日々の業務を継続するために意思決定を行う必要があり、一部のビジネスは日常的に何百万もの意思決定を行うと見積もられています。

  • 運用上の意思決定構造の 3 つのステップには、データ入力、決定ロジック、およびアクションまたは判断が含まれます。

  • 意思決定は、ビジネスへの影響を避けるために、慎重に検討し、包括的に見る必要があります。

  • 意思決定に関するルールとプロセスを標準化することで、チームメンバーのミスや誤ったコミュニケーションの可能性が少なくなります。誤ったコミュニケーションは、チェックを外しておけば、すぐに職場の競合に急増し、職場環境や企業文化の両方に問題が生じます。

  • 不適切に意思決定を行うことの結果は、コンプライアンス違反から収益性の低下まで多岐にわたります。
  • AIの実装と活用は、意思決定プロセスを大幅に合理化し、簡素化することができます。自動化により、人為的ミスと人件費の両方が削減されます。
  • 標準化されたプロセスとルールにより、従業員の生産性とビジネス全体の収益性が向上します。