従業員の職場違反の適切な管理方法ビジネスの人事部門

how to properly manage employee workplace violations

米国における職場違反の

雇用法の例は非常に複雑で、人事部門にとって職場違反の防止と対処が困難になっています。誤ってまたは意図的に犯した場合でも、法律違反は従業員やビジネスに悲惨な結果をもたらす可能性があります。

職場違反には、雇用差別から残業代金拒否まで、さまざまな種類があります。一般的な 職場違反 には以下のものがある。

  1. 無給休暇 :公正労働基準法では、未使用の休暇時間を従業員に補償することを要求しないが、州の労働法もある従業員の退職時に未使用の休暇の補償が必要です。

    人事部門は、各年の終わりに従業員が未使用の休暇時間を受ける資格があるかどうかを調査するようにしてください。米国は、未使用の年次休暇に関する著しく異なる労働法を持っています.たとえば、ニューヨークの雇用者は、ビジネスが使用それを持っているか、休暇休暇ポリシーを失う場合、正式に従業員に通知する必要があります.


  2. 誤分類 :公正労働基準法では、従業員が一定の例外を除いて残業代金を受け取ることが義務付けられています。残業賃は従業員を免除するために提供されないため、誤分類により、残業報酬なしで労働時間が発生する可能性があります。

    従業員が独立した請負業者と誤って分類された場合、失業、歯科、医療保険などのさまざまな給付を受ける権利はありません。


  3. 補償なし残業 - 残業手当は、通常の40時間の労働時間に加えて、特定の従業員に勤務時間を補償します。雇用主は、従業員の通常の時給報酬の 150% である残業給与を提供する必要があります。

    補償時間は、雇用主が残業報酬の代わりに有給休暇を提供するときに発生します。公正労働基準法では、補償時間は、残業時間が勤務していたのと同じ賃金期間内の非免除労働者にのみ提供できると定められている。

    有資格社員に残業代金を提供しないことは、大雇用法違反です。残業法違反が特に起こりやすい労働者の1つの部門は、文書化されていない労働者であり、雇用法違反を報告しても安全ではないかもしれません。


  4. 差別 :雇用差別は、企業が積極的に対抗しなければならない重大な雇用法違反です。雇用差別には、従業員による不平等な扱いが含まれます

  • 年齢
  • 性別
  • 宗教雇用差別の一般的な形態は、セクハラです。

    セクハラに特に弱い労働者の1つの部門は、職場の女性です。従業員は安全な労働条件を提供しなければなりません。また、職場での差別や嫌がらせは、違反が迅速かつ適切に対処できない場合、すぐに労働安全災害へとエスカレートします。

    雇用主は、人事部門が雇用差別問題に対するポリシーとプロトコルを持っていることを確認し、職場の誰もが積極的かつ積極的にあらゆるタイプの差別や嫌がらせに対抗することを確認する必要があります。

職場違反に効果的に対処する方法

how to effectively deal with workplace violations 1603241573 8330

雇用主は、人事部門と協力して、職場違反手順を作成する必要があります。職場の違反に対処するために雇用者が取ることができる@@ 積極的な手順 は次のとおりです

。1.ミーティング - 違反を犯した従業員とのミーティングを設定します。人的資源の専門家や中小企業のためのおそらくマネージャーかどうか、別の人が存在していることを確認してください。

規律のある従業員は、これまで彼らが会議で不当または非専門的に扱われたことを将来的に主張した場合、第三者は重要な証人として機能します。会議の重要なポイントには、違反されたポリシーと、違反が従業員やビジネスに悪影響を及ぼす可能性があることを明確に述べる点があります。

たとえば、労働安全違反に従事した従業員は、そのエラーによって会社の労働者補償ケースが発生する可能性について教育を受けることができます。あるいは、他の同僚が自分の労働条件はもはや安全ではないと感じたような嫌がらせや差別のインスタンスです。

会議全体を通して、自分と第三者の証人が会話の内容に関するメモを取り、全員がメモに署名して日付を記入するようにしてください。従業員の解雇につながる継続的な職場違反の場合、これらのノートは、不当な解雇請求に係争する上で非常に貴重です。

2.規律 :職場違反が何であったかに応じて、雇用主は公正な処罰が何であるかを決定しなければなりません。違反に対する適切な懲戒措置であると思われるものを従業員に尋ねることは適切です。

より軽微な職場違反の場合は、正式な警告が適切であるかもしれませんが、重大な違反の場合は、終了が必要な場合があります。スタッフに保持されている従業員については、繰り返される違反に対する将来の影響について必ずお知らせください。

職場での特定の違反に対処する方法がわからない場合は、常に法律顧問を取得することをお勧めします。法律顧問は、ビジネスに対する不当な終了訴訟など、将来の法的問題を回避するのに役立ちます。