中小企業のための従業員の時間時計のメリット中小企業のための従業員の時間時計の利点は、ちょうどあなたを驚かせるかもしれません。

中小規模企業向けの社員の時間時計がなければ、雇用者として多くの時間を費やすことができ、従業員が勤務時間に対して正確に支払っていることを確認できます。
手に電卓は、あなたの従業員のストレスや欲求不満を引き起こす間違いを犯さないことを望んで、分まで給与計算を管理します。しかし、1つの小さな技術アップグレードで、それはすべて変わる可能性があります。あなたの職場にタイムクロックを歓迎する時が来ましたか?

なぜあなたは時間時計を検討すべきですか?

時間時計は、多くの大企業が依存しているものです。すべてのシフトは、タイマーを開始し、作業を開始するために従業員のクロックで、その後、それを終了するためにシフトの終わりにクロックアウトします。その後、雇用者は、彼らが働いた時間の正確な数のためにそのスタッフメンバーに支払うことができます。
他のテクノロジーと同様に、長所と短所がありますが、時時計はスモールビジネスにとって考慮すべきものでしょうか。

Small BusinessSt の従業員タイムクロックの 利点は 、従業員と雇用者の両方の利点を否定することは困難です。社員は、勤務時間外なので、シフトが終わった後も支援を求められないという知識で安心できます。」その結果、彼らは時間通りに到着し、時間通りに出発する可能性が高くなります。
雇用主は、その代償として、従業員が働いていない時間のために支払う必要はありません。時々, 労働者は高丸めることができます' 賃金のための自分の時間を指摘するとき.デジタルシステムは2番目まで、それはもはや起こりません。雇用者は、その後、数千ドルを節約することができるかもしれません。

従業員のタイムクロックの短所従業員のタイムクロックに投資する前に、そのような技術に付属する可能性のある欠点を認識する価値があります。その後、すべての可能な長所と短所を考慮したことを知って決定を下すことができます。
従業員のための欠点は、それが時々信頼の欠如として外れることができるということです。従業員が退出するときの言葉に頼るのではなく、正確なテクノロジーに頼っているのです。
雇用者にとって、欠点は、従業員の時間時計が生産性を考慮していないことです。労働者が勤務している可能性がありますが、その時間での作業は知られていません。また、時間通りに時計をかけ、それに応じて支払われる以外のことをする励ましはありません。

タイムクロックを使用する利点タイムクロックに投資する前に 、考慮すべきことがたくさん

あるかもしれません 。それでも、中小企業は、毎週の給与の正確さを管理するために彼らから大きな恩恵を受けることができます。

職場での柔軟性の向上2020年に米国の労働力の 42% が自宅からフルタイムで働いていました。時間時計がなければ、有給の労働時間を確立することには多くの信頼関係があります。チームの作業時間を監視することはできないので、正直に言うと頼らなくてはいけないのです。従業員の時間時計では、それはもはや問題ではありません。
従業員が投入する時間を正確に把握し、業務の円滑な運営を維持するために、テクノロジーを全面的に信頼することができます。

幸せな労働力
一部の労働者は、彼らが信頼されていないアイデアを好まないかもしれませんが、大多数は時間時計の
利点 に満足しています。
時間を書き留める必要がないので、手作業は少なくなります。誰も他のものよりも多くのお金を受け取るためにシステムを騙すことができないので、誰もが公平に扱われます。
また、自動化されたシステムにより、作業時間が短縮された割当よりも長い休憩を取ることがないように、誰もが快適に感じることができます。彼らは支払いを受けるためにクロックバックする必要があります, むしろ、潜在的に紙の上にそのクロックイン時間をfudgingよりも.

給与効率おそらく誰が最も利益を得ることができるかは、あなたの会計部門です。すべての従業員の紙のログを読むのではなく、デジタルシステムを使用して、各チームメンバーに勤務時間分を公平に支払うことができます。
従業員時間のデジタルログを持つことは、手書きを読むのに苦労することなく、いつでも特定のスタッフを振り返ることができることを意味します。従業員のタイムシートを失うリスクも不可能です。

結論中小企業のための

従業員のタイムクロックは、革命的であることができます。従業員と雇用者の両方が利益を得ることができ、彼らはそれ自体で時間を節約する手段です:
給与ははるかに正確で、労働集約的ではありません。
誰もが正確な出勤時間と出勤時間で公平に扱われます。
雇用主も社員も制度をごまかすわけにはいかない
従業員は労働時間を紙に記録する心配はありません。
職場の柔軟性はいつでも高く、従業員は自宅から勤務したり、どこからでも勤務したり退勤したりできます。
従業員のタイムクロックは、コスト効率に優れた投資で、時間、コスト、フラストレーションを節約できます。