understanding lunch breaks laws broken down by state

多くのアメリカ人は、州によって既存の昼休みの法律にもかかわらず、昼休みの時間に雇用者がそれらを提供することを要求し、昼休みを快適に感じません。

Torkからの 調査によると、北アメリカ人の5人に1人は、彼らが定期的に食事期間のために働くのをやめると、彼らの同僚が毎日休憩を取るためにそれらを判断すると彼らの上司は、彼らが勤勉だと思わないことを心配していることがわかりました。

しかし、複数の研究によると、数時間おきに休憩すると、従業員がリフレッシュされ、職場に戻ったときの生産性が向上します。

昼休みや休憩期間を実施することは、雇用主が従業員の健康を確保するための安全策を提供することを確認するための簡単な方法です。
昼休み は、生産性を高め、精神的健康を改善し、創造性を高め、健康的な習慣を促進することができます。

過労の従業員は、エラーをコミットし、職場での競合を引き起こしやすいので、これはボトムラインのために良いです。

昼休み法の解除公正労働基準法(FLSA)では、食事休憩は必須

breaking down lunch break laws 1603410917 6197

ではありませんが、雇用主が食事期間と休憩休憩を強制しなければならないことを義務付ける州があります。

彼らの州の昼休みの法律に準拠していない民間雇用者は、賃金や時間違反だけでなく、DOLの罰則で訴えられる危険性だけでなく、従業員の幸福を害する可能性があります。こういうのって結局商売に悪いよね

従業員に昼休みの提供を選択した場合は、制限事項に注意する必要があります。たとえば、連邦法では、雇用者が支払われるべき最後の20分以下の休憩を提供することが義務付けられています。

これは、従業員の合計勤務時間に追加し、残業とみなすことができます。一方、30分以上続く昼休みは、従業員がすべての職務を完全に軽減していることを条件として、未払いとみなされます。

残念ながら、従業員が昼休み中にまだ働いている場合があります。Right Managementは、例えば、従業員の約39%が自分の机で食べて、最大28%は強制的な休憩法を持つ州でも休憩を取らないと報告しました。

これは問題であり、FLSA違反のリスクにさらされます。特に、従業員がまだ働いているにもかかわらず、システムが従業員を自動的に昼食のために退勤させる場合。

従業員が食事休憩中に働き続ける状況では、食事休憩分の支払いが必要になることがあります。従業員は、適切な時間にスケジュールされた食事期間を取る必要があります。

昼休みの不適切な追跡は、罰則や訴訟でたくさんのお金を支払うことになる一般的な労働違反です。

これを避けるためには、昼休みの期待についての従業員と経営陣の間で明確な理解が必要です。さらに、良い時間と出勤ソフトウェアによって、州法の要求に応じて昼休みの追跡が改善される可能性があります。

状態ランチ休憩法の

ランチ休憩要件は、すべてによって異なります.カリフォルニア州のように、特定のブレーク要件を持つ州もあれば、それほど厳格ではない州もあります。

カリフォルニアのランチブレイク法カリフォルニアの

california lunch break laws 1603410917 1875

非免除従業員で、1日5時間以上勤務する場合は、少なくとも30分以上の未払いのランチまたは食事休憩が必要です。6時間未満で働く従業員は、雇用者と従業員の間で相互の書面による同意がある場合、食事休憩なしで行うことができます。

また、1日10時間以上働く従業員には、30分の未払いの食事休憩を与えなければなりません。雇用者と従業員の間で相互の書面による同意がある場合、2回目の食事休憩は12時間未満の営業日に免除することができます。

法律では、雇用者は12時間以上のすべての就業日のためにこの義務を強制することを義務付けています。必要な食事休憩を提供できない雇用主は、通常の時給で追加の時間を支払う必要があります。

カリフォルニア州最高裁判所によると、法律は雇用者に義務付けられた食事休憩を提供することを要求しなければならないと述べています。休憩中に労働者が働いていないことを保証する義務はありません。

したがって、仕事が緩和されているにもかかわらず、食事休憩に働くことを決めた従業員については、雇用主は保険料を支払う義務を負いません。雇用主は、故意に従業員が昼休み中に働くことを許可する場合にのみ責任を負います。

フロリダ州のランチブレイク法フロリダ

では、18歳未満の従業員または従業員に昼食と休憩を設ける必要があります。未成年者は、30分以上の休憩なしで連続4時間以上働かないでください。この規則の例外は次のとおりです。


  • 16歳と17歳で、高校を卒業した
  • 未成年者は、学校監督からの免除の有効な証明書を持つ年齢制限内の
  • 未成年者は、苦難例外(例えば、財政上の制約や家族の緊急事態)
  • 両親に雇用されている子供、私有家庭での国内サービスの子供、およびフロリダ州議会で雇用されているページ
。さらに、18歳以下の個人は、マイナーブレーク法の規定を免除することができます以下の条件に該当する:

  • 現在または以前に結婚した
  • 非年齢の障害は、裁判所によって削除されました
  • 米国軍に仕えているか、または
裁判所は、雇用が未成年者の最善の利益であることを発見し、雇用条件を承認

ニューヨーク昼休み法

new york lunch break laws 1603410917 8453

ニューヨークでは、6時間以上の勤務シフトが昼食期間にわたって延長される従業員に対して、30分の昼休み期間が必要です。

午前11時より前に働き、午後7時以降まで続く従業員は、さらに20分の休憩を受けることができます。唯一の従業員が働いている場合、従業員は彼らの休憩を放棄するためにボランティアすることができますが、彼らは仕事に食べることを許可されなければなりません。

そして、彼らが食事休憩を要求する場合、従業員はそれを許可する必要があります。最後に、ニューヨーク労働省はまた、特定の状況で短い休憩を許可することができます。

テキサス・ランチブレイク法テキサスの法律は昼食や休憩を必要としませんが、雇用主は、仕事の 7 日ごとに休養または礼拝を24時間最低限提供する必要があります。



民間部門の成人従業員のための州法に基づく食事期間要件 の完全な内訳は、労働省のウェブサイトで確認できます。

Key Takeaways

  • 多くのアメリカ人は昼休みを取ることについて悪いと感じています。従業員5人に1人は、上司は、彼らが勤勉ではないと思うか、彼らは同僚によって判断されることを心配しています。
  • 昼休みの提供は、スタッフの健康を向上させ、収益を改善するための簡単な方法です。これらの休憩は、生産性の向上に役立つだけでなく、精神的な健康を改善し、創造性を向上させ、健康的な習慣を促すこともできます。
  • 連邦法では食事休憩は必須ではありませんが、食事休憩と休憩を義務づけている州がいくつかあります。
  • 州内で昼休みの法律に従わないと、賃金や時間違反、DOLの罰則が発生する可能性があります。
  • 昼休みの不適切な追跡は一般的な労働違反であり、したがって、州法によって要求されるように、昼休みの期待と適切な文書化のための良好な追跡ソフトウェアについての従業員と管理との間の明確な理解の必要性。
  • 民間部門の成人従業員のための州法に基づく食事期間要件の完全な内訳は、労働省によって提供されています。