食品管理の重要性と食品安全性の確保

the importance of food management and ensuring food safety

外食産業では、商品が安全で、適切に包装され、消費者にとって新鮮であることを保証する義務があります。顧客の要求が変化し、負担のかかる健康規制により、食品業界の人は圧倒的に感じるのは容易です。

小さなダイナー、ファーマーズマーケット、大規模なレストランチェーンなど、ブランドを築き、利益を維持するためには、おいしい、安全で新鮮な食べ物を販売することが不可欠であることを誰もが知っています。

食料品店やレストランを所有するにあたっては、州/連邦規制に準拠するための食品管理プロトコルの 導入が不可欠です。食品安全基準を満たすために効果的なサービス管理システムを活用することの重要性を理解するために、先を読んでください。

食品管理とは何ですか?

what is food management 1603748595 5314

食品管理は、食品の選択、準備、展示、保存の正式なレビューを含む広範なプロセスです。その目的は、商業レストランまたはビジネスに販売されるすべての食品が州および/または連邦政府の定める規制に適合することを保証することです。

外食産業は、食品管理の各要素を監督し、品物が品質、食べて安全、味わいがあり、一般市民に適していることを確認するために、さまざまなステークホルダーに依存しています。

食品検査官 は、さまざまな責任と目的を達成しています。準備領域は清潔度基準を満たし、食品が正しい温度で保存され、消費者に出荷されるのを待っている汚染がないことを確認する必要があります。

食品管理検査官は、包装食品が適切に準備され、最終目的地まで新鮮であることを保証するために、加工業界でも働いています。食品が配達されると、品質や鮮度に影響を与えないよう、より多くの検査官が各商品を注意深く通過します。

食品管理のもう一つの重要な側面は、国民のために食事を準備することです。熟練した食品専門家が、鮮度と品質を維持するために食品/飲料品を保管する方法を知っています。

また、レシピに使用するのに十分な新鮮でないアイテムかどうかも判断できます。キッチンスタッフ、ホスピタリティスタッフ、メインシェフは、食品の専門家とみなされるかもしれません。

食品管理には、賞味期限を過ぎて、食料品チェーンに販売されない特定の商品を作ることも含まれます。一部の製造業者は、地元の食料品店を検査して、消費者が購入するために古い商品が誤って棚に残っていないことを保証しています。これらの慣行は、ガイドラインを満たすだけでなく、特定の顧客が最も安全で最高品質の食品を受け取るようにします。

FDAが規制の更新と変更を続けている中、多くの人々は、これらの新しい規則を遵守するためにスクランブルしています。コンプライアンス違反による重大な罰則があるため、レストランや食料品チェーンは食品の安全対策を真剣に受けなければなりません。

さらに、安全でないものを消費者に販売することから訴訟などのトラブルが発生する。1 つのインシデントは、会社の関係に損害を与え、利益を低下させ、さらには破産を引き起こす可能性があります。これらの理由から、効果的な食品管理の実践を保証するために、適切な措置を講じることは非常に重要です。

食品安全管理システムが重要な理由

why is a food safety management system important 1603748595 1371

従来、食品の安全管理には、多くの書類、スプレッドシート、整理が必要でした。より多くのレストランや食料品がチェーンになるにつれ、彼らの食糧データは拡大し、管理が困難になりました。

規制当局や検査官は、検証が容易なシンプルなフォーマットデータを期待しています。1つの違反や人為的なエラーは、混乱やペナルティを引き起こす可能性があります。

効果的な食品安全管理システムを利用することで、食品の安全手順を管理し、発生する可能性のある問題を軽減することができます。企業は、標準が満たされ、ルールが守られていることを確認する直感的なシステムを使用して、Excelシートや手書きのメモを最終的に取り除くことができます。

ほとんどのシステムの機能は、新しい規制が通過した場合、または地域の健康ガイドラインが変更された場合、自動的に更新されます。また、高品質の食品安全ソフトウェアは、主要なサプライヤー管理システムからのデータ収集を可能にします。

管理者は、ソフトウェア、モバイルタブレット、温度測定装置を組み合わせた統合デバイスにアクセスできます。これにより、所有者は規制を遵守し、消費者のニーズを満たすために必要な量の食品データを追跡、管理、収集することができます。

もう 1 つの有用な側面は、部門やチェーン間で膨大な量のデータを共有できることです。すべてのユーザーが同じ情報にアクセスできるため、ユーザーは最新のデータと更新に基づいて最適な判断を下すことができます。その結果、生産性と効率性が向上し、企業の収益がさらに向上します。

管理システムは、メトリック、リアルタイムのインサイト、レポートも提供し、管理がすべての規制や基準に準拠していることを確認できるようにします。

レストランや食料品は、ハザード分析、食品の安全性チェック、およびコンプライアンス違反の問題を軽減するための予防管理を実施できます。通知とリマインダーにより、管理は規制のスケジュールされた検査や更新にいつでも対応できます。

多くのレストランや食料品は、すべての安全規制や注意事項に従っていると思っているにもかかわらず、毎年監査を受けています。

政府が設定する条例は細心の注意を払い、頻繁に変更される恐れがあるため、誤ってルールを破りやすくなります。食品安全基準を管理するソフトウェアソリューションを利用することで、精度とコンプライアンスの維持に役立ちます。

結論

ここでは、 食品管理 について覚えておくべき重要な持ち帰り-

  • 食品管理は、食品の準備、選択、表示、および保存を含みます。
  • 食品業界は、食品が一般市民に適していることを確認するために、さまざまな検査官、管理者、チーフシェフに頼っています。
  • 食品安全ガイドラインに従わないと、法的影響や収益性の低下、評判の台無しにされる恐れがあります。
  • 効果的な食品管理ソフトウェアシステムを利用することで、食品の安全手順を管理し、コンプライアンスの問題を軽減できます。
  • ほとんどのソフトウェアシステムは、膨大な量のデータを収集、管理、処理できます。ユーザーは、このデータを組織内の他の関係者と共有できるため、生産性と効率性が向上します。
  • 食品管理システムを導入することで、監査を受ける機会が減り、ワークフロープロセスの合理化に役立ちます。