在庫管理ソフトウェアを使用する理由

why should you use an inventory management software

効率的な在庫管理システムの運用は、細心の注意を払って重要な作業です。在庫管理は、発注書から運用コスト、注文フルフィルメント、顧客満足度まですべてに影響します。

不適切に実施された場合、サプライチェーン全体が崩壊する可能性があります。全国に複数の倉庫や事業所がある人は、特に正確な資産追跡の重要性を理解しています。

幸いなことに、これらのタスクの多くを自動化し、貴重なリソースを解放する、直感的でクラウドベースの在庫最適化ソリューションがあります。ここでは、ソフトウェアソリューションとその利点について知っておくべき重要な情報を示します。

在庫管理ソフトウェアとは

what is inventory management software 1603407764 8778

在庫管理ソフトウェアは、在庫レベル、注文、販売、配送を追跡するすべてのアプリケーションを網羅しています。このテクノロジーにより、リアルタイムでデータを整理および管理できるため、企業は在庫過剰や在庫不足を回避できます。

クラウドベースのインベントリソフトウェアシステムが普及する以前は、スプレッドシートと元帳を使用してインベントリデータを管理していました。数回のクリックで、マルチチャネルバーコードシステムまたは無線周波数識別機能を使用して、新しい供給品が入荷したかどうか、または商品が配達されたかどうかを確認できます。

在庫追跡ソフトウェアでは、在庫を自動的にカウントし、データを分析してサプライチェーン内の非効率性や不一致を検出することで、中小規模企業のリソースとコストを節約できます。

正確な 在庫会計 は、手作業による入力や人為的ミスによって妨げられたさまざまなワークフロープロセスを合理化します。企業は現在、手元にある在庫の量と、現在および将来の注文を満たすために必要なものを正確に把握しています。

不正確な在庫データと注文管理により、プロジェクトの開始から完了までの時間が長くなります。リードタイムが長くなると、需要や市場の変化を処理する会社の能力に波及効果があります。非効率性と生産性の低下が増すにつれて、顧客不満も増加します。

自動在庫管理ソフトウェアシステムは、リードタイムを短縮し、効率を高め、顧客満足度を向上させます。これは、競争上の優位性を維持し、時間の経過とともにより多くの収益を生み出すのに役立ちます。

在庫管理ソフトウェア

the benefits of inventory management software 1603407764 3642

ビジネスのメリットは、在庫管理ソフトウェアシステムのメリットを活用してペイン・ポイントを管理できます。最も重要な利点には、

正確性と効率的な倉庫管理 が含まれます。
残念ながら、半数以上の企業が正確な在庫レポート作成を練習していません。信頼性の低いデータによる被害を考えると、より効率的なソリューションを見つけられない雇用主が増えることは驚くべきことです。

在庫管理システムを使用している人は、在庫を効率的に統合し、過剰注文をしないことで、保有在庫を減らすことができます。多くの企業は、もはやすべての倉庫を必要としないため、お金を節約しています。

ソフトウェア管理ソリューションでは、インベントリを正確に管理できるため、無駄なインベントリ戦略を作成し、必要なものだけを手元に残すことができます。これにより、企業は在庫をスリム化し、運搬コストを削減し、倉庫の混乱を減らすことができます。

コストの削減
資産管理ソリューションで発生するエラーが少なくなるため、問題の解決に向けたリソースが少なくなります。これは、損害管理に投資する資本を少なくし、ビジネスの他の分野への投資をより多く行うことと同じです。

在庫管理ソフトウェアソリューションは特定の品目の正しい数を特定するので、管理は必須製品が自動的に再注文のために設定されることを保証することができます。企業は、このコスト削減の機会を利用して、新製品に投資し、持ち運びコストを削減します。

また、ソフトウェア機能によって作業そのものの多くが実行されるため、企業は人件費を削減します。衣服を並べ替えたり、元帳の品目を数えたり、出荷を準備したりするのに必要な作業者は少なくなります。

在庫データの可視性の向上
バーコードスキャンと一元化されたデータベースでの容易な在庫データ管理により、社内で起きている状況を分析するための可視性が向上します。経営陣

  • は、次の質問に答えることができます-在庫はどこに行きますか?そして、これらの商品を購入する顧客は誰ですか?
  • インベントリソフトウェアソリューションを活用することで、ワークフロープロセスをどのように強化できますか。
  • 需要は、顧客が誰であるかを定義し、どのようにマーケティングは、それらの顧客に合わせて調整することができますか?
ビジネスインテリジェンスソリューションを活用して在庫データに対する洞察を深めることで、ターゲットを絞ったマーケティングキャンペーンを改善し、顧客満足度を高め、より多くの利益を生み出します。

在庫を適切に追跡 する
定期的な 在庫チェック がなければ、企業はサプライヤーから多すぎるか、または少なすぎる在庫を購入する傾向があります。あまりにも多くの株式を持つことは、コストを運ぶ増加し、あまりにも少ない株式を持つことは、一部の顧客を挫折させる可能性があります。

在庫管理ソフトウェアシステムは、サプライチェーンプロセスを合理化し、在庫供給のバランスを取ることができます。たとえば、ある種の原料が他の原料よりも速く消費される傾向がある場合、供給量が少なくなったら自動的にその原料をより多く購入するリオーダポイントを設定できます。

タスクの自動化
一部の在庫処理機能では、スプレッドシートに製品番号を入力するなど、手作業を必要とする特定のタスクを自動化できます。これにより、1 日/週間でスキャン可能な回数を増やすことで、生産性を向上させることができます。

その結果、作業者は他のプロジェクトの完了に多くの時間を費やすことができ、ボックスのスキャンやデータ入力に費やす時間が短縮されます。時間が経つにつれて、中小企業がお金を節約し、リソースを解放して生産性を向上させることができます。

倉庫間の在庫管理
大規模な企業は、会計ソフトウェアソリューションを使用して倉庫を統合し、在庫レベルと保管コストを削減することで、大きなメリットを得ることができます。

また、追跡ソフトウェアは各別々の倉庫に適用し、1 つの場所で個別に管理できるため、複数の場所を管理しやすくなります。これにより、企業はサプライチェーンのプロセスをより深く理解し、すべての場所で意思決定を向上させることができます。

結論

ソフトウェア管理システムの 利用に関する重要なテイクアウトは、

  • 最高の在庫管理ソフトウェアシステムは、注文、配送、販売、在庫レベルの管理からすべてを網羅しています。
  • ソフトウェアソリューションの活用により、ワークフロープロセスが合理化され、中小企業および大規模企業における在庫データの精度が向上します
  • 。在庫管理ソフトウェアシステムの最も重要なメリットは、正確性と効率性の向上、コストの削減、レポート作成の改善です分析、月ごとのよりバランスの取れた株式レベル、およびメニアルタスクの自動化。